20207

  • 2019年7月
  • 2019年8月
  • 2019年9月
  • 2019年10月
  • 2019年11月
  • 2019年12月
  • 2020年1月
  • 2020年2月
  • 2020年3月
  • 2020年4月
  • 2020年5月
  • 2020年6月
  • 2020年7月
  • 2020年8月
  • 2020年9月
  • 2020年10月
  • 2020年11月
  • 2020年12月
  • 2021年1月
  • 2021年2月
  • 2021年3月
  • 2021年4月
  • 2021年5月
  • 2021年6月
  • 2021年7月
  • 2021年8月
  • 2021年9月
  • 2021年10月
  • 2021年11月
  • 2021年12月
  • 2022年1月
  • 2022年2月
  • 2022年3月
  • 2022年4月
  • 2022年5月
  • 2022年6月

ニュース & トピックス

2020.6.30退団のお知らせ

1980年8月の入団以来、ヴァイオリン奏者として九響の演奏を支えてきた中村力也(なかむら りきや)は、2020年6月30日付で退団いたします。

4ヶ月以上に渡り、演奏会ができない中でこの日を迎えることとなりました。中村から皆さまへのメッセージをご紹介いたします。

 

「福岡に来て早40年、学生時代は『博多っ子純情』を楽しく読んだにもかかわらず在団中に博多弁が身に付きませんでした。
それほど演奏に没頭していたのか、あっという間に定年となりました。

私が入団した頃は専属プロ団員だけでなく、セミプロ的な一般団員と呼ばれる方もいましたが、近年では即戦力といえる若い人材が多数入団してきて飛躍的に技術レベルが上がってきています。
最近では彼らについていくのもなかなか難しく限界を感じていました。
これからは九響の若い優秀な楽員を集めて、大編成のオーケストラとは一味違う小編成のアンサンブルを録音し CD 製作をして皆様に聴いていただけるようにしようと思っています。
これまでありがとうございました。
これからも九響をよろしくお願いします。

中村力也」

 

 

長年にわたり、当団の活動に大きな貢献を果たしていただき、心より感謝いたします。

 

九州交響楽団

戻る
pagtop