202011

  • 2019年11月
  • 2019年12月
  • 2020年1月
  • 2020年2月
  • 2020年3月
  • 2020年4月
  • 2020年5月
  • 2020年6月
  • 2020年7月
  • 2020年8月
  • 2020年9月
  • 2020年10月
  • 2020年11月
  • 2020年12月
  • 2021年1月
  • 2021年2月
  • 2021年3月
  • 2021年4月
  • 2021年5月
  • 2021年6月
  • 2021年7月
  • 2021年8月
  • 2021年9月
  • 2021年10月
  • 2021年11月
  • 2021年12月
  • 2022年1月
  • 2022年2月
  • 2022年3月
  • 2022年4月
  • 2022年5月
  • 2022年6月
  • 2022年7月
  • 2022年8月
  • 2022年9月
  • 2022年10月

ニュース & トピックス

2020.11.13【ソリストからのメッセージ】アンドレイ・ガヴリーロフさん(第390回定期)

2020年11月13日(金)に開催する第390回定期演奏会のソリスト、アンドレイ・ガヴリーロフさんのメッセージ動画を公開しております。ぜひご覧ください。

 

※下記、拙訳です。
(語り始めは第二楽章について)
モーツァルトは人間が好きでした。滑稽で、酔っぱらっていて、少しパパゲーノみたい…中間部は、おとぎ話に入り幻想的な鳥たちと飛び始めます。おとぎ話の様々な個性については、モーツァルトがオペラの中に書いていますから私たちはそこから想像することができます。この協奏曲は、オペラ「魔笛」のたった5年前に書かれていて、すべての着想は既に彼の中にあったと考えられます。だからこそ、ピアノを前にして、その魔法のすべてを創造しようと始めるとき、もちろん、もてるすべての頭脳、知識をもってしてもとてもとても難しい。すごく難しい。よく弾かれるように、単に楽譜上のすべての音を演奏するのであれば簡単で、安心だけれど…それは生きた演奏ではありません。生きた演奏を創造しようとすれば、百万色が必要だし、そうするととても難しくなってきて、リスキーで、毎分自滅する可能性が出てくるけれど(笑)、それこそ生きた演奏を創造するということで―魔法なんです。これって最高にハードな道なんです。

戻る
pagtop